Home > 製品情報 : NuFD/ChemGUI 基本情報

NuFD/FFR_Chem_GUI

NuFD/ChemGUI」は、「NuFD/FrontFlowRed」用拡散燃焼フレームレット・テーブルの作成(※1)・可視化(3Dプロット)、対向火炎計算、層流燃焼速度の計算などを行うことにより、複雑な化学反応解析をより簡単に実現可能としたツールです。
ソルバはCantera(※2)を使用しています。

更に、CHEMKIN(※3)フォーマットの自動変換機能、フレームレット計算の自動反復処理機能など、ユーザーの作業負担を軽減するための様々な支援機能が搭載されています。

※1: 平成28年度~平成29年度 日本燃焼学会産学連携研究事業「設計プロ
  セスの高度化を目指した燃焼解析のプラットフォーム開発と検証」
  プロジェクトにて開発されたソフトをNuFDにて改良。
※2: Prof. David G. Goodwin(California Institute of Technology)に
  よって開発されたオープンソースの化学反応解析コード。
  1997年開発開始、2019年4月現在version2.4.0が使用可能。
※3: Sandia National Laboratories で開発された反応計算プログラム
  パッケージで、Chemkin-Ⅱまでは、Sandia National Laboratoriesが
  配布。現在は有償。

NuFDの受託解析他、サービス一覧
製品のお問合せ

NuFD/Chem_GUI